読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tanglefan

ゼンタングルメソッドはリラックスしながら集中できるパターンアートの描き方です。

光に透かすゼンタングル

ゼンタングル/Zentangle


ゼンタングル(Zentangle)メソッドはリラックスしながら集中できるパターンアートの描き方です。絵になじみがない方でも創造性を発揮でき、ストレス解消やマインドフルネスなど意外な効果もあります。

■公式サイト https://www.zentangle.com/

2017/5/6(土)東京銀座でゼンタングル教室をします

輸入品のおもちゃ屋さんをのぞいたら、トランスパレントペーパーを売っていました。トランスパレントペーパーは、色付きのトレーシングペーパーみたいな紙で、光が透けてとてもきれいです。星型に折り紙して窓に貼るのが一般的な使い方のようですが、ゼンタングルを描いたらきれいなんじゃないか!?と思って買ってきました。

 

家に帰って開けてみると、私は間違えて「ローズウィンドウペーパー」を買ってきていました…。こちらは色付きの薄紙で、ほんと薄いです。よく小学生の頃、入学式など用にピンクや白の薄紙でボタンの花を作りませんでしたか。それくらい薄いです。

↓光に透かすようにしてみました。

f:id:tanglefan:20151026095207j:plain

どうも私は「糊」を使うのが苦手のようです。意図しないところにくっつくし、はみ出るし汚くなるし、難しいです。あと、カッターで細かく切るというのは私にはとても難しいです。ローズウィンドウのサイトをいくつか拝見しましたが、あんな薄い紙をあの細かさで切ることができるだなんて信じられません。すごすぎます。私が不器用すぎるのでしょうか。ゼンタングルには糊もハサミもカッターも必要なくて、ほんとよかったです。

 

ゼンタングルには「間違い」というものがありませんが、制作する趣味でそういうスタンスはとても珍しいかもしれませんね。他に思い当たりません。普通何か作っていたら、間違えたとかはみ出したとか汚くなったというのは失敗であって、最悪作り直しです。でもゼンタングルには間違いがないので、はみ出すとかパターンを間違えるとか関係ないので気分が良いです。

広告を非表示にする