tanglefan 芳野かえゼンタングル教室

ゼンタングルメソッドはリラックスしながら集中できるパターンアートの描き方です。

ブラックタイルに宝石を描く描き方



ゼンタングル(Zentangle)メソッドはリラックスしながら集中できるパターンアートの描き方です。絵になじみがない方でも創造性を発揮でき、ストレス解消やマインドフルネスなど意外な効果もあります。→公式サイト



【ゼンタングル教室予定】 お申し込み受付中

2017/09/03(日) 渋谷 ゼンタングル教室 (基本、ルネサンスタイル)

2017/09/30(土) 銀座 ゼンタングル教室 (基本、ブラックゼンダラ)


 f:id:tanglefan:20170812153906j:image

f:id:tanglefan:20170812153936j:image

↑このところ私は下絵に鉛筆を使っています。基本的に消しゴムは使わないので光の加減でやっと見えるくらいに薄く描いています。消そうとすると紙がガサガサになるのでできれば消しゴムを使いたくありません。

【ブラックタイルに宝石を描いた手順】

f:id:tanglefan:20170812091539j:image

 ↑白のボールペン(私はジェリーロールの白を使っています)で枠を描いてから、下部分を白のチャコペン、上部分は普通の色鉛筆で楕円を描きました。左がピンク、右が水色です。

この時使う色鉛筆は三菱やトンボの安価なシリーズのを使いました。硬さが硬めでちょうど良いです。高価な色鉛筆は柔らかめの場合が多くて、柔らかいとこの場合シャープに描くのが難しいです。

f:id:tanglefan:20170812091559j:image

 ↑上部分を色鉛筆でカマボコ状に塗りました。下部分を白いチャコペンで塗りました。今回はピンクと水色ですが、あとは黄緑やオレンジなど明るい色が描きやすいんじゃないでしょうか。

f:id:tanglefan:20170812091615j:image

↑白の色鉛筆で下部分を馴染ませました。下部分の上に色を付けてグラデーションにしました。

f:id:tanglefan:20170812091723j:image

 ↑白い点をうつ辺りを黒い色鉛筆で黒くしました。上部分と下部分の境を上から下に黒でグラデーションさせました。

f:id:tanglefan:20170812091746j:image

 ↑柔らかめの色鉛筆で少し違う色を入れました。私はカリスマカラー(プリズマカラー)やヴァンゴッホを使いました。硬い色鉛筆でも入れられます。お好みで。

f:id:tanglefan:20170812091806j:image

 ↑白のボールペンで点を入れました。点じゃなくてもどんな形でも良いと思います。

【お申し込み受け付け中】

9/3(日)渋谷ゼンタングル教室

http://tanglefan.hatenablog.com/entry/2017/07/03/182053

9/30(土)銀座ゼンタングル教室

http://tanglefan.hatenablog.com/entry/2017/07/30/230416