tanglefan 芳野かえ ゼンタングル®教室

ゼンタングル®メソッドはリラックスしながら集中できるパターンアートの描き方です。

火の鳥

【東京開催ゼンタングル教室受付中】
06/02(土)銀座 基本クラス、ブラックゼンダラ.
07/07(土)銀座 基本クラス、大作づくり.

f:id:tanglefan:20180531125928j:image

テレビコマーシャルで素敵な曲が使われていて、ちゃんと聞いてみたくて調べたら「Fire Bird」という曲でした。

www.youtube.com
激しい曲なので、ご覧になるときは音量に気をつけられた方が良いですよ。
音楽と映像が素敵なのと、火の鳥のストーリーと相まってとても感動しました。手塚治虫の「火の鳥」を読んだのは20年以上前です。キラキラの一粒一粒が生物の命の輝きなのですかね。手塚治虫の火の鳥をご存知ない方がご覧になったら、あの鳥は何なんだとわけが分からないと思いますが。特に顔(髪型?)が特徴的ですから。顔が無難なら普通にフェニックスです。

ゼンタングルにはエレガンス オブ リミッツ、リミットの美しさ?という考えがありますね。ストリングで画面を区切るとセクション(区画)に分かれます。自分で制限を作る。トラディショナルは色数も制限されていて白黒です。

この前英語ネイティブのCZTの方とエレガンス オブ リミッツのお話をしていたとき、リミットというのは寿命のこともあるのかなと思いました。これは私が勝手に思った事です。人生もリミットがあるから美しいとか輝くとか言うじゃないですか。

火の鳥はリミットが完全にない存在ですね。あの動画では火の鳥が、過去?・未来?・地球?・宇宙?を物凄いスピードで飛んで行きます。手塚治虫の火の鳥のシリーズがまさにそういうストーリーです。手塚治虫の全ての物語、生物の営み全てが火の鳥がいることで一つのストーリーに繋がっています。

f:id:tanglefan:20180523104815j:plain
芳野かえ東京開催ゼンタングル教室