tanglefan 芳野かえ ゼンタングル®教室

ゼンタングル®メソッドはリラックスしながら集中できるパターンアートの描き方です。

ゼンタングルはなぜ誰でも描けるのか

 【芳野かえ東京開催ゼンタングル教室予定】
2019/02/02(土)銀座 基本クラス、発展クラス.
2019/03/03(土)銀座 基本クラス、発展クラス.
 

 

f:id:tanglefan:20190110111350j:image

↑こういう、白いタイル(紙)に黒インクで描いた作品をトラディショナルゼンタングルといいます。色のことを考えなくて良いですしなんとなく成り行きで描いているだけなので、とても気楽で集中できます。

f:id:tanglefan:20190110111400j:image

私は子供の頃に絵を描くのが好きだった割には描きたいものというのがあまりなくて、何を描こうか手持ち無沙汰になることがよくありました。紙や画材も無駄にしてしまいました。ゼンタングルを知っていたらそんな風にはなりません。描きたいと思ったら、何を描くとか考えないで適当に描いていれば完成します。

それは素敵なタングル(模様)がすでにたくさん用意されているというのもありますが、最大の理由は「ストリング」と「紙のサイズ、形」にあると私は今のところ思っています。特にストリングの役割が大きいと思います。ストリングというのは、画面をまず鉛筆で薄く区切るということです。ここがものすごく重要で、リックさんとマリアさんの大発明だと私は思っています。ストリングという名前自体はお二人がつけたにしても、その役割をするものを私は他で聞いたことがありません。

f:id:tanglefan:20190109202519j:image