tanglefan 芳野かえ ゼンタングル®教室

ゼンタングル®メソッドはリラックスしながら集中できるパターンアートの描き方です。

ゼンダラ

【東京開催ゼンタングル教室】
次回は6月6日(土)を予定しています

f:id:tanglefan:20200405163556j:image

ゼンダラは丸いタイル(紙)です。四角いタイルに描くときのように適当にストリングを引いてからタングルしてもいいし、円形に描いてもいいし使い方は何でも良いです。

円形に描く場合に私は、三角形・六角形、五角形、四角形・八角形の三つのどれかです。その三つの中で五角形は描くとき他の二つと違う感じがします。星のイメージが強いのと、奇数なので模様を交互にできないところが大きいと思います。十角形にすれば交互になるのですが、同じ模様を十回描くのは私は飽きます。

ゼンダラを描くとき私は、大きなかたまりとしての同じような模様を放射状に数回描きます。私は三回までは描いていて面白いのですが、四回目はもう少し面倒な気分になってきます。三角形・六角形で描けば三回で完成します。

↑描いているところの動画です

f:id:tanglefan:20200406101501j:image

このところルネサンスのゼンダラを描くのがおもしろいです

 

ゼンタングルメソッド

【東京開催ゼンタングル教室】
次回は6月6日(土)を予定しています

f:id:tanglefan:20200403123437j:image

↑トラディショナルゼンタングルというのは、白い紙に黒インクで描かれた作品だそうです。そうなると写真で右にあるタイルはトラディショナルではありません。白のボールペンも使っていますからね。そこら辺の厳密さというのは人によって全然違いますね。私はゆるい方が楽で良いという考えです。ゼンタングル公式の方針は基本的にゆるいのでありがたいです。

この所、家での過ごし方や家でできるストレス解消についてよく話題になっていますね。そこでよく写経とか瞑想について提案されます。写経や瞑想の利点は、ほぼゼンタングルにも当てはまります。