tanglefan 芳野かえゼンタングル教室

ゼンタングルメソッドはリラックスしながら集中できるパターンアートの描き方です。

宝石のゼンダラ

 【東京開催ゼンタングル教室受付中】
07/07(土)銀座 基本クラス、大作づくり.


f:id:tanglefan:20180619141105j:image

↑ゼンタングルは計画しないという特徴があります。ジックリ計画してから描き始めたいというかたもいらっしゃるかもしれませんね。私は面倒くさがりなので、なりゆきで描く方がハードルが低くて良いです。最終的にどんな作品になるのか分からないという楽しさもあります。

f:id:tanglefan:20180619141054j:image

↑途中はこんなでした。縦と横で宝石の大きさを変えてみました。茶色のタイルがどうも湿気を吸いやすいので、梅雨時はあまり出したくないのですよね。でも描く気になったら梅雨だろうが描きますけど。

f:id:tanglefan:20180617132025j:image

ドリプレローズガーデン 頻繁にお邪魔している感じですが、行くたびにお庭の花ががらっと違うんです。バラの季節以外でもいつでもとても綺麗です。カフェでタングルでもしようかなと思うのですが、かわいい猫ちゃんが膝に乗ってきたりして結局全然描かないこともしばしば…。猫ちゃんは足がどろどろのまま飛び乗ってきますので、行かれるときは汚れても良い服装が良いですよ。太ももに猫の足跡が付きます。めちゃくちゃかわいい子猫もいます。敷地がとても広いので、カフェに猫ちゃんがいない日もあるんですよね。運ですね。

 

宝石のゼンダラとトラディショナルゼンタングル

【東京開催ゼンタングル教室受付中】

07/07(土)銀座 基本クラス、大作づくり.

f:id:tanglefan:20180617085538j:image

↑このブログの投稿コーナーに投稿してくださったchimさんの作品にインスパイアされて描きました。素敵だなあと思った作品があったら、うろ覚えくらいで取り入れると参考にした作品とは違う感じになって面白いです。

f:id:tanglefan:20180617072500j:image

↑描き始めるときは一体どうなるんだろうと毎回思いますが、何とかなります。成り行きで良いんです。成り行きや思いつきで進めると最終的に独自の作品になります。このタイルも出来上がってみると前に描いたタイルに少し似ている感じになりました。

f:id:tanglefan:20180617085552j:image

↑これはトラディショナルゼンタングルです。色を使わないとか定規を使わないとかいくつか描き方の提案があるのですが、集中して描けるように考えられています。

 

f:id:tanglefan:20180616183725j:image

投稿ギャラリーに作品を投稿してくださって、ありがとうございます!
chimさま素敵なトラディショナルゼンタングルですね!そんな本があるのですか、面白そうです。 そうなんです、ゼンタングルではタングルを見本どおりに再現しなくて良いんですよ。とても気楽ですよね。同じタングルを描いても人によって違う素敵さになります。 chimさんのこの前投稿してくださった作品に触発されて私もゼンダラを描きました。

芳野かえ東京開催ゼンタングル教室