tanglefan 芳野かえゼンタングル教室

ゼンタングルメソッドはリラックスしながら集中できるパターンアートの描き方です。

ゼンタングル公式タングル「パラドクス」をどう入れるか



ゼンタングル(Zentangle)メソッドはリラックスしながら集中できるパターンアートの描き方です。絵になじみがない方でも創造性を発揮でき、ストレス解消やマインドフルネスなど意外な効果もあります。→公式サイト



【ゼンタングル教室予定】 お申し込み受付中

2017/09/03(日) 渋谷 ゼンタングル教室 (基本、ルネサンスタイル)

2017/09/30(土) 銀座 ゼンタングル教室 (基本、ブラックゼンダラ)


公式タングルの1つにパラドクスというのがあります。私はつい最近まで、パラドクスはガタガタしたタングルの横には描けないと思っていました。そんなことはないですね。描けます。

f:id:tanglefan:20170218140754j:image

↑これは完成したところです。

f:id:tanglefan:20170218140941j:image

↑花みたいなタングルをまず描きました。これはよく見ますが、公式タングルではないと思います。薄すぎて写真だとあまり見えませんが、ストリングを無視しています。無視するにしてもストリングは描いた方が描きやすいですよ。

f:id:tanglefan:20170218140951j:image

↑右の中程にパラドクスを入れました。

f:id:tanglefan:20170218141011j:image

↑手順はこうです。ギザギザした部分があったらまず、そこを少し残して三角や四角を描きます。

f:id:tanglefan:20170218141018j:image

↑その中に普通にパラドクスを描きます。その後に周りのスペースを違和感ないように埋めます。残すスペースは少ない方が自然にできやすいですね。

f:id:tanglefan:20170218140959j:image

↑影を付ける前です。麦の穂みたいなのは公式タングルなんですよ。Frondousというそうです。

東京でゼンタングル教室をしています

 

 

広告を非表示にする