読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tanglefan

ゼンタングルメソッドはリラックスしながら集中できるパターンアートの描き方です。

ゼンタングル公式パターン 模様の分類

ゼンタングル/Zentangle How to


ゼンタングル(Zentangle)メソッドはリラックスしながら集中できるパターンアートの描き方です。絵になじみがない方でも創造性を発揮でき、ストレス解消やマインドフルネスなど意外な効果もあります。

■公式サイト https://www.zentangle.com/

2017/04/08(土)東急ハンズ渋谷店 ゼンタングルワークショップ

2017/04/13(木)文房具カフェ ゼンタングルを楽しむ夕べ

2017/05/06(土)東京銀座 ゼンタングル教室(ブラックゼンダラ、宝石3Z)

先日、まとめてトラディショナルなゼンタングルを描いてみました。その時、タングル(パターン)の組み合わせがすぐに思いつかないことが多々あったので、何か助けになるのではと思ってタングルを特徴ごとに分類してみました。タングルは沢山種類があり過ぎるので、タングルパターン.comで公式となっていたタングルでやってみました。

【植物みたいなタングル】

f:id:tanglefan:20160604191923j:image
↑植物みたいなイメージのタングル、結構ありますよね。外側に向けてふぁさーっと描くのが好きでよくやります。鎖みたいにつなげて丸くすれば、中に別のタングルを入れて一つのボリュームある模様にもなります。長く並べれば線みたいにも使えますし、広げれば面を埋めることもできますし、便利です。

f:id:tanglefan:20160605090529j:image

【ライン状のタングル】

f:id:tanglefan:20160604192605j:image
↑長いのも特徴ありますね。線として使えますが並べれば面も埋まりますし、別に線として限定しなくても全然いいですよね。
INGは、三角の中に模様を入れるバリエーションも作れます。

f:id:tanglefan:20160605091830j:image

【ボリュームのあるタングル】

f:id:tanglefan:20160604192936j:image
↑一つでインパクトの大きいタングルを集めてみました。一個が大きいので、他のタングルを描いた後で空いた隙間に描くというよりも、スペースが空いている時にドーンと描いた方が描きやすいと感じます。名前を書くのを忘れましたが、キイチゴみたいなタングルはブロンクスチアーだそうです。ブロンクスチアーは、何か描いた後に上からも描けますね。
一列目に3つあるタングルは、大きめに描いて中に別のタングルを描いたりもよくされてます。

f:id:tanglefan:20160605092124j:image

【グリッドになっているタングル】

f:id:tanglefan:20160604193549j:image
↑グリッドになっているタングルを集めました。『zentangle PRIMER』にRETICULA and FRGMENTS という章があります。グリッドと、その中に入れる模様の解説なのですが、もう無限にパターンができてしまうのではと思うくらい多種多様に類似した模様ができます。なので、名前が付いているのはほんの一部ですね。

f:id:tanglefan:20160605101533j:image

【粒状のタングル】

f:id:tanglefan:20160604194839j:image
↑最初、丸いタングルを集めていたのですが、使い方が似ていそうなタングルも一緒にしてみました。左上にあるティップルはかなり便利すぎるタングルですね。隙間があったらどこにでも入れられます。私は描く時、植物ぽいタングルと同じように外側に描くことが多いような気がします。並べて、線にするのも面白いです。

f:id:tanglefan:20160605104734j:image

f:id:tanglefan:20160605103543j:image
↑例えばジェティーズでも色々なバリエーションができますね。

【その他】

f:id:tanglefan:20160604195601j:image
↑これまでの分類に入らなかったタングルです。基本的に面を埋めることが多そうですが、細長くすれば線にもなりますしどうにでもできますね。シャタックは、線の分類に入れておけばよかったです。見直したら、私のタイルでは線にばかり使っていました。

f:id:tanglefan:20160605094046j:image


広告を非表示にする