tanglefan 芳野かえゼンタングル教室

ゼンタングルメソッドはリラックスしながら集中できるパターンアートの描き方です。

ゼンタングルに使う紙



ゼンタングル(Zentangle)メソッドはリラックスしながら集中できるパターンアートの描き方です。絵になじみがない方でも創造性を発揮でき、ストレス解消やマインドフルネスなど意外な効果もあります。

ゼンタングル公式サイト https://www.zentangle.com/


【ゼンタングル教室予定】 お申し込み受付中

2017/07/02(日)東京銀座 ゼンタングル教室
(基本、ブラックゼンダラ, ルネサンスタイル)

2017/07/29(土)東京銀座 ゼンタングル教室
(基本、3Z)


私が今ゼンタングルを描くのに使っているのはこの紙です。
ユザワヤで買いました。たしか1冊800円くらいでした。

f:id:tanglefan:20150820132855j:image

水彩で色を付けたかったので水彩用の画用紙(?)で、公式のタイルのように厚い紙を選びました。15枚つづりになっています。1枚で9センチ角の正方形を6枚切り取れます。角を丸く切ると公式の紙みたいです。

左が粗目で右のが中目です。 売り場で見たときはどちらがいいのかわからなかったので両方買ってきましたが、いざ描いてみると粗目は荒すぎました。しょうがないので裏面を使ったりしています。水彩で風景画か何か描くなら粗目もそれはそれでいんでしょうけどね。ゼンタングルの細い線を描くのは描きづらいです。

風景画の本に、水彩紙は布団圧縮袋などのビニール袋に入れて保管しないと湿気てしまうと書いてありました。私が使っている画用紙は小さいので、冷凍用の袋に入れて保管しています。

広告を非表示にする